“笠原”の読み方と例文
読み方割合
かさはら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今年の元旦の『大阪朝日』に笠原医学博士が前野良沢とゲエテとの事を書かれた美しい一文を読むと、良沢が明和八年四月四日に千住骨ヶ原杉田玄白中川淳庵と、婦人の死屍の解剖に立会い
新婦人協会の請願運動 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
今はなくなりましたが美濃の笠原あたりの窯址から出る雑器を見ると、「織部」も「志野」も趣味の犠牲ではなかった時代のあることを語ります。いつでも本筋の仕事を追うべきではないでしょうか。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
れさせ思ひ此上は家老方へ御き申より外なしと豫々心掛居ける中或日本多家の長臣都築外記中村主計用人笠原常右衞門の三人が相良用達町人織田七兵衞が下淀川村の下屋敷へ參られ終日饗應になる由を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)