“前野良沢”の読み方と例文
読み方割合
まえのりょうたく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで自分の親友前野良沢と共にオランダの医者バブルにいて大いにその薀奥を究めようとしたのでした。
杉田玄白 (新字新仮名) / 石原純(著)
この長屋は、そのときから八十八まえの明和八(一七七一)に、前野良沢杉田玄白たちが、オランダのかいぼう生物のからだをきりひらいて研究する学問)の
今年の元旦の『大阪朝日』に笠原医学博士が前野良沢とゲエテとの事を書かれた美しい一文を読むと、良沢が明和八年四月四日に千住骨ヶ原杉田玄白中川淳庵と、婦人の死屍の解剖に立会い
新婦人協会の請願運動 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)