“中川淳庵”の読み方と例文
読み方割合
なかがわじゅんあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
良沢を盟主となし玄白のほかになお中川淳庵桂川甫周石川玄常、およびその他の人々が相寄ってこの書の翻訳に従事することとなり、その後四箇年を費し稿を改めること十一回に及んで
杉田玄白 (新字新仮名) / 石原純(著)
今年の元旦の『大阪朝日』に笠原医学博士が前野良沢とゲエテとの事を書かれた美しい一文を読むと、良沢が明和八年四月四日に千住骨ヶ原杉田玄白中川淳庵と、婦人の死屍の解剖に立会い
新婦人協会の請願運動 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
賀茂眞淵から国学を学び、服部南郭や石島筑波から修辞を習い、更に江戸幕府の官医田村藍水から本草学を一層詳しく学び、その間に当時名高かった杉田玄白、中川淳庵太田蜀山人、松田元長
平賀源内 (新字新仮名) / 石原純(著)