“義理見”の読み方と例文
読み方割合
ぎりけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
芝居の総見物は一名これを義理見という。当世の人犢鼻褌を欠きながら何ぞかくは義理を重んずる事の甚しきや。
偏奇館漫録 (新字新仮名) / 永井荷風(著)