桑の木物語くわのきものがたり
その藩に伝わっている「杏花亭筆記」という書物には、土井悠二郎についてあらまし次のように記している。 「土井右衛門、名は悠二郎。忠左衛門茂治の二男に生れ、わけがあって七歳まで町家に育った。八歳の春から幼君のお相手として御殿へあがり、ずっとお側 …
作品に特徴的な語句
ぜき 焼火しょうか いつわり あか ずね 燈籠どうろう 河岸がし 正篤まさあつ こす むせ あつ ばなし ひい きま 家中かちゅう まく つか 扶持ぶち ひさし おも 芥子からし 情人いいひと 滔々とうとう ゆが ようや 無埒むらち 瓦屋かわらや びん よみがえ 甲斐かい 界隈かいわい うと かゆ しび こぶ 瘤々こぶこぶ しゃく 目笊めざる にら 磊落らいらく 祖父じい 稀世きせい かま はし こも いき 継嗣けいし うらや 股立ももだち さかな 胆煎きもい ひざ ぜん そう からだ ひれ はや ふな ひげ かご 饒舌しゃべ 饅頭まんじゅう くび うなず 順子よりこ 雑沓ざっとう はさみ 金槌かなづち かも さえぎ 遊蕩ゆうとう 連枝れんし たくま 逗留とうりゅう つじ 輿入こしい ころ 蒼白あおじろ えび せみ 蜻蛉とんぼ むな あし こけ 良人おっと 芍薬しゃくやく えり 苛々いらいら 草臥くたび