“ねや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ネヤ
語句割合
82.5%
寝屋8.7%
閨房1.6%
寐屋1.6%
寝室1.6%
寝家0.8%
寝房0.8%
根屋0.8%
臥内0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
から、枕の類にまで事寄せ、あるひは戀とし、あるひは哀傷として、詩にも作られ、歌にも詠まれ、文章にも綴られて來たのは
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「悪徒の友なるしきは狼の歩みかに共犯人の如く進み来りぬ。いと広き寝屋の如くに、空さるれば心焦立つ人は野獣の如くにぞなる……」
夜あるき (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
彼が好んで、大名の屋敷にはいるのは土蔵の現金と、閨房の上淫がのぞかれるからであった。
治郎吉格子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
講堂、房、書院、寐屋などの棟が、かなり奥の林まで曲がりくねって建ててある。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……その後手に入れた綱吉公が、将軍職になりましたし、柳沢侯が出世しましたので、幸福の象徴となりましたが、しかし将軍綱吉侯は——大きな声では云えませんが、奥方の寝室の中で暗殺され
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
黄奎は夜おそく家へ帰った。さすがに酒も発せず、すぐ寝房へ入った。彼には妻がなく、李春香というが彼の面倒を見ていた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
根屋の一人娘の大病に、猿の生肝がよくくとわかって、猿をしてつれてようとして失敗する話で、他の多くの竜宮入り話と比べて、よほど型変りでありまた新らしい。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ラこれをみ聞き、その夜木槐に自分の衣を臥内に入れ、身を隠し居るとは知らぬ竜輩来て、木が屑になるまでり砕いて去った。ラ還って木を捨てその跡へ臥す。
これより先、余り御無体、お待ちや、などと、しいまじりの声の中に、丸官の形、猛然と躍上って、廊下を鳴らして魔のごとく、二人のへ押寄せた。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)