“えもん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
衣紋90.7%
衛門3.8%
衣文1.6%
右衛門1.6%
右衞門0.5%
恵門0.5%
衣絞0.5%
衣襟0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は何かに酔ひしれた男のやうに、衣紋もしだらなく、ひよろ/\とけながら寝室に帰つて、疲れ果てて自分の寝床にし倒れた。
An Incident (新字旧仮名) / 有島武郎(著)
「お使いの者、もどりました」高松衛門が、あわただしく、告げてきた。待ちかねて
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
従って面相に現われた表情がまるで違っているように、肢体の姿、衣文の強調の仕方などもまるで違う。
麦積山塑像の示唆するもの (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
女歌人でも指折りの赤染右衛門で、其頃丁度匡衡もまだ三十前、赤染右衛門も二十幾歳、子の挙周は生れていたか、未だ生れていなかったか知らないが、若盛りの夫婦で、女貌郎才
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
何時でも取巻の二人ぐらい連れて、一本差で、立派な家来が附いて参りまするのだが、山口屋右衞門方の抱え遊女音羽は、実に勝れた太夫で、を身受けしようとか手に入れようかと思って
すると興福寺の南大門の前で、思いがけなく顔を合せましたのは、同じ坊に住んで居った恵門と申す法師でございます。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
衣絞るく心着きけむ、青海波扇子よりづハツとへるに、さら/\とぎつゝ、袖口よりはらりとこぼれて、窓外しきをぞきたる。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
此處一つに美人價値まるといふ天然衣襟つき、襦袢なる顏色ことくみえ、質素なるちりめんに赤糸のこぼれなど一層二層もよし
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)