“立状”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たちざま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“立状”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
立状たちざま一寸ちよつとわたし尻目しりめにかけて、ひだりについた一にんがあります——山伏やまぶしか、隱者いんじや
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
——略して申すのですが、そこへ案内もなく、ずかずかと入って来て、立状たちざまにちょっと私を尻目にかけて、炉の左の座についた一にんがあります——山伏か、隠者か、と思う風采ふうさい
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)