“たまげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
魂消98.1%
消魂1.0%
魂切1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには実に各界名士の署名が綺羅星の如く並んでいて、よくもかく万遍なく天路歴程が出来たものだと二人とも魂消てしまった。
西隣塾記 (新字新仮名) / 小山清(著)
「しかし、上州の人に見せたものなら、こんなことでよく麦が取れるッて、消魂られます」
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と、魂切る悲鳴が起った。声の主は権四郎だった。
くろがね天狗 (新字新仮名) / 海野十三(著)