“魂棚”の読み方と例文
読み方割合
たまだな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さじと魂棚可懷しき面影に、はら/\と小雨降添のあはれも、やがて日盛や、人間り、蒟蒻り、る。
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
魂棚に供えた蓮の葉を聖霊の笠に見立てたのであろう。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
魂棚の奥なつかしや親の顔 去来
俳句の初歩 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)