“炭山”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やま75.0%
たんざん25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“炭山”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
炭山やまが袖を上膊じょうはくのところまで、まくり上げて、眼の前ですかして見るようにかざした。
蟹工船 (新字新仮名) epub / 小林多喜二(著)
朝だった。タラップをノロノロ上りながら、炭山やまから来た男が、
蟹工船 (新字新仮名) epub / 小林多喜二(著)
『印度の炭山たんざんの旦那のお媒介とりもちですから、何卒どうぞ末長く白ツぱくれない様に……。』
菊池君 (新字旧仮名) epub / 石川啄木(著)