“炭山:やま” の例文
“炭山:やま”を含む作品の著者(上位)作品数
夢野久作1
小林多喜二1
波立一1
“炭山:やま”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
炭山やまが袖を上膊じょうはくのところまで、まくり上げて、眼の前ですかして見るようにかざした。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
朝だった。タラップをノロノロ上りながら、炭山やまから来た男が、
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
そうしてこんな炭山やまの中には珍らしいお作の柔かい、可愛らしい両掌りょうての中に、日一日と小さく小さく丸め込まれて行くのであったが、それにつれて又福太郎は、そうしたお作との仲が
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
——炭山やまの深夜
夜明の集会 (新字新仮名) / 波立一(著)