“炭薪”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すみまき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“炭薪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今までの炭薪すみまき奉行、村井長門守むらいながとのかみ免役めんえきになって、その跡役へ、藤吉郎が奉行に任じられた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今時分は苦虫をつぶしたような顔をして起きて出て、台所で炭薪すみまきの小言でも言っているだろうと思って
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)