“惡念”の読み方と例文
新字:悪念
読み方割合
あくねん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
憎み給ふゆゑひのあるべきや庄兵衞傘谷桂山道宅と云醫師ありて毎日雇れ居たり此醫者隨分小金をたる樣子を見ひ取んと惡念
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
晴さんとの惡念しけるこそ恐ろしけれ斯て吾助はあれかしとひけるに喜内は何事も愼み深く其上武術に達しければひに手出をて仕損じては一大事と空敷半年餘りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ふの勢ひとか寶澤は心中に偖々めが貨物を持て居ることよ此二品を手に入て我こそ天下の落胤名乘て出なば分地でも萬一極運ふ時はとと當年十一の惡念
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)