“かしこま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カシコマ
語句割合
82.7%
危坐2.7%
2.7%
端坐2.7%
跪坐1.8%
0.9%
畏承0.9%
蹲踞0.9%
平伏0.9%
惶畏0.9%
正坐0.9%
跑踞0.9%
跪座0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お百姓さんはきちんとって坐っていたのでをきらしたらしく、一寸足を崩して私を見て笑った。とても邪気のない笑いだった。
遁走 (新字新仮名) / 小山清(著)
お吉とも/″\噴飯して笑ひ、清吉昨夜は如何したか、とれば急に危坐つて無茶苦茶に頭を下げ、つい御馳走になり過ぎて何時か知らず寝て仕舞ひました、姉御
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
正太は大人らしうりて加減が惡るいのですかと眞面目に問ふを、いゝゑ、と母親怪しき笑顏をして少し經てばりませう、いつでも極りの我まゝ、嘸お友達とも喧嘩しませうな
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
わななく手頭を引手へ懸けて、胸と共に障子を躍らしながら開けてみれば、お勢は机の前に端坐ッて、一心に壁と
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
と割膝に跪坐って、飲みさしの茶の冷えたのを、茶碗に傾け、ざぶりと土間へ
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どこかへ行って酒を飲まして、ちょいと例の毒薬を飲ましゃあ訳は無い、酔って寝たようになって、翌日の朝はこの世をおさらばだ。「りました。しかし今時青楼で起きていましょうか。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
へいりました。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
畏承りましてございます。そのほかにお言伝てはござりませぬか」
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
畏承りました」
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
ねらるゝやと白洲蹲踞る時に大岡殿平左衞門を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
打れ繩目嚴敷栗石の上に蹲踞り其次に女房節藤八ともんで平伏す又右の方には訴訟人九郎兵衞夫婦其外引合の者村役人等居並びしが何れも遠國邊鄙の者始めて天下の決斷所へ出ければ白洲の巍々堂々なるに恐怖なし自然戰慄居たりける又た本多家の役人松本理左衞門始め吟味掛りの者一同留守居付添縁側出左の方には
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かれここにその一尋鰐に告りたまはく、「然らば汝送りまつれ。もし中を渡る時に、な惶畏せまつりそ」
お政は学問などという正坐ッた事は虫が好かぬが、し娘のたいと思ッてる事と、そのままに打棄てて置く内、お勢が小学校を卒業した頃、隣家の娘は芝辺のさる私塾へ入塾することに成ッた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
繩目にて跑踞る同人妻せん與惣次も平伏なし何れも遠國片田舍の者始めて天下の決斷所へ召出されめの大砂利敷詰雨覆
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
御嶽冠者はこう云いながら、自分の前に跪座っている筑紫権六の顔を見た。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)