“小心”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょうしん57.1%
せうしん28.6%
ショウシン14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小心”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
K中尉は小心しょうしんものだけに人一倍彼に同情し、K中尉自身の飲まない麦酒ビールを何杯もいずにはいられなかった。
三つの窓 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
しかし室の内部からしんばりをかったりして真昼まひる女給たちから小心しょうしんわらわれたものだ。
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)
小心せうしんに静まりかへつてゐる。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
小心せうしんの役場の書記の
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
サダマラズ、ヨロヨロ彷徨ホウコウ衆人蔑視シュウジンベッシマトタル、誠実セイジツ小心ショウシン
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
超人チョウジンケル小心ショウシン恐々キョウキョウヒトワライナガラ厳粛ゲンシュクノコトヲカタレ、ト秀抜真珠シュウバツシンジュ哲人テツジンサケンデ自責ジセキ狂死キョウシシタ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)