“黽勉”の読み方と例文
読み方割合
びんべん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黽勉に因つて大成して居る事實は、爰に呶々する迄もないことである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
余はひとたびこの人民がこの商業に黽勉するの熱心とその商業を
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
黽勉よりもし。」
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)