秀才養子鑑しゅうさいようしかがみ
小室君は養父の紹介だから、何とかなるだろうと思って出掛けた。養父は中風で、もう廃人だけれど、月二百円以上の恩給を食んでいる。セッセと働いて百円足らずにしかならなかった小室君よりもグッと豪い。逓信省の局長まで行って、その後民間会社の重役を勤め …
作品に特徴的な語句
そらん 仲間グループ おろ 結合コンバイン あがな たと おろそ かこつ ちな はず 如何いかが 彼方あっち うけたま よんどこ 歴々れきれき ぐみ もう 馬槽うまおけ 先方むこう 卓見たっけん 失策しくじり 如何いかん こう 帰途かえりみち しょ 悉皆すっかり にく あが 材幹ざいかん 次第わけ こと いやし はずかし 逆捩さかね 選民チョズン・ピープル かがみ ふう 一寸ちょっと 中風ちゅうぶ 五月さつき 仰有おっしゃ 体好ていよ そば 入道にゅうどう かく 卒倒そっとう かえ いや 吹聴ふいちょう ひら あえ 喪中もちゅう とら 在野ざいや つと 夜半よなか 大切だいじ 失策しくじ たてまつ 婉曲えんきょく 宗像むなかた よろ うち むし すくな 強情ごうじょう 御大おんたい 忌引きびき わずら 懇望こんもう 所以ゆえん 括弧かっこ かす ふる 斡旋あっせん 暴殄ぼうてん 曝露ばくろ 曲解きょっかい 有効ゆうこう 果敢はか 栄螺さざえ 橘組たちばなぐみ 法螺ほら 流石さすが 溝鼠どぶねずみ 父子おやこ 物色ぶっしょく 由良ゆら