“雪譜”の読み方と例文
読み方割合
せつふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我その魚沼郡の塩沢れ、毎年十月のより翌年の三四月のころまで雪をに六十余年、近日雪譜を作るも雪に籠居のすさみなり。
本編雪のの事をたるは雪譜の名をうするにたれども、して好事話柄す。増修り。
我その魚沼郡の塩沢れ、毎年十月のより翌年の三四月のころまで雪をに六十余年、近日雪譜を作るも雪に籠居のすさみなり。