“伊予絣”の読み方と例文
読み方割合
いよがすり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
洗晒しの伊予絣単衣を着て、白い木綿の兵子帯を締めた貢さんは肩を並べて腰を掛けた。お濱さんは三つ年上で十三に成るが、小学校は病気の為にれて同じだ。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
この国の物産は何といっても「松山絣」であります。広く「伊予絣」の名で聞えております。木綿の紺絣で久しく「久留米絣」などと並んで販路を全国に拡げました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
伊予絣に、石帯の結び目を、すこし横っちょにして、榊原健吉は、涼しそうに胡坐をくんだ。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)