“わがこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
我子43.9%
吾子17.1%
我児17.1%
吾児14.6%
我兒2.4%
我女2.4%
養女2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
モン長 なう、なや、我君! 我子追放歎悲りにへて、昨夜相果ました。此上にも老人をさいなむは如何なる不幸ぢゃ。
T子が吾子可愛さの余りに、色々と考えまわした揚句に、とうとうそこまで気をまわしていた何よりの証拠だ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そのにお豊は殊更元気よく歩いて行く金ボタンの学生を見ると、それが果して大学校の生徒であるか否かは分らぬながら、我児もあのような立派な学生に仕立てたいばかりに
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そうして今一度、吾児の血を吸い込んだであろう足の下の、砂利の間の薄暗がりを、一つ一つにき込みつつ凝視した。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
親父さんいたがらない。暫時我兒つめて居たが『それはお本氣か。』
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ういふで一時間たち二時間つた。千萬なのは親父さんで、退屈で/\らない。しかしこれも我兒ゆゑと感念したか如何だかんが辛棒してまゝつてた。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
此夜彼が「梅子、相変らずの勉強か」と、いともらかに我女の書斎をれしもれが為めなり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
剛造は低頭ける我女の美くしき横顔チラと見やりて、片膝てつ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
けれど平素利益になつてる大洞さんのお依頼と云ひ、其れにお前も知つての通りの、此の歳暮の苦しさだからこそ、カウやつて養女の前へ頭を下げるんぢやないか
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)