“うたがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
84.4%
疑惑6.3%
嫌疑3.1%
猜疑2.3%
疑念2.3%
懐疑1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これをてこれを見れば、古来貞操に関するを受けて弁疏するわず、冤枉に死せし婦人の中にはかかる類例なしというべからず。
押絵の奇蹟 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「なるほど、その疑惑もだが、あのお延と拙者とは、前から深い仔細があるのだ。少し甘いところは辛抱して、その来歴を聞いてくれ」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここへ倅が帰って来ると不可ませんから……。彼児は正直者ですから、から嫌疑を受けて家捜しをされたなどと聞くと、必然るに相違ありませんから……。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
夜昼となくその高殿から、嫉妬猜疑呪咀とをもって、妖精のように桂子が、自分たちを看視していることだろう。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そして、再び夫の許へ帰ることの出来ない様な疑念恐怖とに打たれた。生家へ出掛けて行ってみた時の豊世は、果して想像の通り引止められてった。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その寂寞る、跫音が高いので、夜更里人懐疑を受けはしないかという懸念から、めはせぬのに、抜足差足、音は立てまいと思うほど、なお下駄が胸を打って、耳をく。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)