“差足”の読み方と例文
読み方割合
さしあし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしちょうどその時には、彼は何もそんなに、抜足差足で行く必要はなかったのです。
その寂寞る、跫音が高いので、夜更里人懐疑を受けはしないかという懸念から、めはせぬのに、抜足差足、音は立てまいと思うほど、なお下駄が胸を打って、耳をく。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寂寞る、跫音いので、夜更里人懷疑けはしないかといふ懸念から、めはせぬのに、拔足差足てまいとふほど、なほ下駄つて、く。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)