“はさみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
83.0%
剪刀7.3%
鋏刀3.5%
2.1%
0.7%
0.7%
0.7%
剃刀0.3%
木鋏0.3%
波佐見0.3%
洋鋏0.3%
西洋鋏0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
郊外電車の改札口で、乗客をほったらかし、をかちかち鳴らしながら同僚を追っ馳け廻している切符きり、と云った青年であった。
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
お葉はその時清らかに終るべき身の靜けさに、剪刀を取つてすべての不潔を切り取つたのである。手の爪は美しく取られた。
三十三の死 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
青年が学者の真似をして、つまらない議論をアッチからも引き抜き、コッチからも引き抜いて、それを鋏刀と糊とでくッつけたような論文を出すから読まないのです。
後世への最大遺物 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
ニョッキリとえた二本のは、案の定庭の隅の物置小屋に向っている。彼は先ずそこの梯子を取り出す積りであろう。
妖虫 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
しかし、十時四十八分發には、まだ十分間ある、と見較べると、改札口には、らんで、糸崎行つて、改札のおは、つばかり制服いて、閑也ましてらるゝ。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
暗がりで見ると、それはまるで蟹ののように見えるのだ。セミョーンは長い舵に腹でのし掛った。向うの岸ではまだ呼びつづけている。ピストルの音も二度ほど響いた。
追放されて (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
聞て幸八は心得其夜の中に部屋からで呉服屋の六團扇の源入墨七箱根傳助小僧の吉品川の松も當宿のこき六人へは赤合羽羽折各自向ふ鉢卷をなししは叺莨入手には竹の息杖
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
床屋の主人揉上で二三度剃刀を鳴らしてゐたが
まるで橐駝師でね、木鋏は放しませんよ。ほほほほ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
波佐見の中尾山から「くらわんか」や五郎八茶碗の破片が沢山出る。古くそこで石焼きの雑器を大量に作ったのである。長与近在の窯跡から例の染附猪口の断片が沢山出る。
北九州の窯 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
滝床親方は、ずんぐりした体にめくらじまのやや裾みじかな着附けでニコニコ洋鋏をつかっていたが、お得意なのは土鉢に植えた青い、赤い実のなっているトマトだった。
「坊ちやん、そんな叔父さんのお西洋鋏なんかあちらへ置いて入らつしやいまし。さ、お父さまをそこまでお見送りいたしませう。」
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
支那では余り希有な事でないらしく、おどけ半分に異史氏が評して馬万宝善く人を用ゆる者というべし。児童を面白がるがろしい。因って鉗を断ちて飼う。