“五郎八”の読み方と例文
読み方割合
ごろはち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次郎七五郎八という村の猟師でありまして、その日遠くまで猟に行って、帰りが遅くなったのでした。
狸のお祭り (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
波佐見の中尾山から「くらわんか」や五郎八茶碗の破片が沢山出る。古くそこで石焼きの雑器を大量に作ったのである。長与近在の窯跡から例の染附猪口の断片が沢山出る。
北九州の窯 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
遠く伯耆因幡にもおよんで「五郎八茶碗」ともいわれる。古いものは主として緑青か白の失透釉を用いたが、後には宝珠の玉の模様を入れ、色も黄色のが多い。時として無地天目のものも見かける。
雲石紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)