“十分間”の読み方と例文
読み方割合
じつぷんかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひよりかけて、なき玉菊燈籠いて、新仁和賀には、十分間ぶこと、りのみにて七十五輌
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
十分間七十五輌大音寺前ばかりとははない。馬道まつた。淺草は、久保田さん(ちやん)にくがい。……本郷臺
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
十分間うまで大切にするとふのが、恩人遺兒でもでもない、なのである。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)