“鋏様”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はさみよう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋏様”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その部分のシャツが上下二枚とも同一箇所を重ねて鋏様はさみようのものにてり破りある事実が発見されたり。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そのワイシャツと、その下のラクダの襯衣シャツは両方とも、同じ左腕上膊部を二枚重ねて横に三寸程鋏様はさみようのものでり裂いてあって、そこから注射をした痕は、絆創膏ばんそうこうを貼ってないために、うすい血と淋巴りんぱ液が襯衣シャツの裏面に粘り付いている。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)