“驟雨:にはかあめ” の例文
“驟雨:にはかあめ”を含む作品の著者(上位)作品数
シャルル・ピエール・ボードレール1
北原白秋1
岸田国士1
“驟雨:にはかあめ”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
驟雨にはかあめのあひだ隙つぶしに踊り子のところに上りこんでゐたら、ヹニユストルの衣裳図案を描いてくれと頼まれた。
男優E (平然として)待てば海路の日和、旱天の驟雨にはかあめなさけは人の為めならず……。
職業(教訓劇) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
驟雨にはかあめまたひといくさ、
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)