“驟雨:スコール” の例文
“驟雨:スコール”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本かの子1
高祖保1
“驟雨:スコール”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この土地常例の驟雨スコールがあって後、夕方間近くなって、男は私だけに向って、
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
湖のうへ おどけた驟雨スコールがたたずまひをしてゐる
(新字旧仮名) / 高祖保(著)