“スコール”の漢字の書き方と例文
語句割合
驟雨100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この土地常例の驟雨スコールがあって後、夕方間近くなって、男は私だけに向って、
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
湖のうへ おどけた驟雨スコールがたたずまひをしてゐる
(新字旧仮名) / 高祖保(著)