“シャワー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
驟雨66.7%
灌水33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
驟雨シャワーがくるかも知れません。一遍ざっとくると、あとはよほど凌ぎよくなるんですが……。それでも一年じゅうでこの頃が一等しのぎいいんです。」
探偵夜話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「むむ、今夜も驟雨シャワーかな。」と、丸山も空を見た。「しかし大したことはありませんよ。大抵一時間か二時間で晴れますよ。」と、かれは高谷君に言った。
麻畑の一夜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そう云って、くすんとお笑いになったようです。が、その頃から、鏡玉レンズへやの温度に馴れ、やっと靄がれはじめてきました。と、灌水シャワーのひらいた、夕立のような音がする。
一週一夜物語 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)