“驟雨:シャワー” の例文
“驟雨:シャワー”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂2
“驟雨:シャワー”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
驟雨シャワーがくるかも知れません。一遍ざっとくると、あとはよほど凌ぎよくなるんですが……。それでも一年じゅうでこの頃が一等しのぎいいんです。」
探偵夜話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「むむ、今夜も驟雨シャワーかな。」と、丸山も空を見た。「しかし大したことはありませんよ。大抵一時間か二時間で晴れますよ。」と、かれは高谷君に言った。
麻畑の一夜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)