“驟雨:にわかあめ” の例文
“驟雨:にわかあめ”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山1
押川春浪1
“驟雨:にわかあめ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この驟雨にわかあめがあつたばかりに、其後そのゝちふかてん恩惠おんけい感謝かんしやするときた。
池田良斎が答えると、俳諧師は驟雨にわかあめにでも逢ったように身顫みぶるいをして、
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
驟雨にわかあめこと