“右掌”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みぎて75.0%
めて25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“右掌”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
よろしいと言う代りに、隊長は彼の方を見ないまま右掌みぎてをあげてわずか振った。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
そのとき私は、右掌みぎてを、しっかり握っているのに気がついた。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
突如、あたゝかき手は来つて梅子の右掌めてしかと握れり、彼女かれは総身の熱血、一時に沸騰ふつとうすると覚えて、恐ろしきまでに戦慄せんりつせり、額を上ぐれば、篠田の両眼は日の如く輝きて直ぐ前にかゝれり、
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)