“右掌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みぎて75.0%
めて25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことに、右掌みぎての無名指を折り曲げていた、非常に不安定な形だったので、絶えずクリヴォフ夫人の心理からなんらかの表出を見出そうとしていた僕は、それを見て思わず凱歌を挙げたものだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
よろしいと言う代りに、隊長は彼の方を見ないまま右掌みぎてをあげてわずか振った。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
そのとき私は、右掌みぎてを、しっかり握っているのに気がついた。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
突如、あたゝかき手は来つて梅子の右掌めてしかと握れり、彼女かれは総身の熱血、一時に沸騰ふつとうすると覚えて、恐ろしきまでに戦慄せんりつせり、額を上ぐれば、篠田の両眼は日の如く輝きて直ぐ前にかゝれり、
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)