“しろかべ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白堊50.0%
白壁50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
綺麗に刈込んだの垣を前に、後に深い杉の森をらし、数多い白堊の土蔵の夕日に照されてゐるのが常に遠く街道からされた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
ひたさになき二度三度、と心意氣にて、ソツと白壁黒塀についてるものを、「あいつ板附はべん」と洒落あり、洒落なるべし。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)