“チョーク”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白墨85.7%
白堊14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは大きな三階建の石造の建物で、全体を白墨チョークのように真白に塗ってあるのは、中で職務をとっている連中の心の潔白を表わしたものでがなあろう。
教師きょうし白墨チョーク平素点へいそてん記入きにゅうする手帳てちょうとをって教室きょうしつはいってきました。
残された日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
二人の間に置いてある火鉢ひばちの上へ白堊チョークの粉のついた手を差翳さしかざした。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)