“下男共”の読み方と例文
読み方割合
げなんども100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以て當寺の檀家一同へ御目見を仰付らるべし此旨村中へ申達すべしとの事なり下男共何事も知らざれば是を聞てし此頃迄臺所で一つに食事
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
下男共て、手足り、小聖堂つたが、せずして、死骸横臥つてゐる。つて影暗した。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
下男共て、手足り、小聖堂ったが、いまだせずして、死骸横臥っている。って影暗した。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)