“下司男”の読み方と例文
読み方割合
げすおとこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下司女をハシタ・ハシタモノと呼ぶに対して、下司男をチュウゲンと呼んだ例も古い。古今著聞集に
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
り焼きして心見よ、と云うと、情無い下司男は、其言葉通りにして見て、これはことの外に結構でござる、生身り焼きは、死したるのよりも遥かに勝りたり、などと云った。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それに、嘘ではなく、仮借のない下司男の力に、心臓がしめられるようだった。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)