“夢告”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むこく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夢告”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
むかし、九天玄女の夢告むこくをうけたとき宿シュクウテ喜ブ——という一語をたしか聞いている。これかもしれない? 彼と呉用とはそれッと船を少し進めさせて、
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それよ、それをたのめとの、ご夢告むこくにちがいない」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)