“はたごや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
旅籠屋84.6%
旅人宿4.5%
旅宿2.6%
旅店2.6%
旅館1.3%
旅屋1.3%
旅亭0.6%
旅宿屋0.6%
旅籠0.6%
旅舎0.6%
旅龍0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「二三町行った処で、左側の、屋根の大きそうな家へ着けたのが、く月明りに見えたがね、……あすこは何かい、旅籠屋ですか。」
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
急ぎ大坂渡邊紅屋庄藏方へぞ着しける此紅屋といふ旅人宿金比羅參りの定宿にて常樂院は其夜主人の庄藏を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
東京を立つて初めての、一行は山の上の旅宿で泊る事になつた。旅宿には大きな部屋が無かつたので、一行は廊下を隔てた二つのに分宿しなければならなかつた。
爰に大膳は神奈川の旅店にて婦人を切害し思ひぬ大金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
翌日は逢ってってめてどうしても京都にらせるようにすると言って、芳子はその恋人のうた。その男は停車場前のつるやという旅館宿っているのである。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
旅屋とか料理屋とか云う上等なものは駄目としても、自分と長蔵さんが這入ってしかるべきやたいちのがあすこにもここにも見える。しかし長蔵さんは支度をしそうにない。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
市街はづれの停車塲から客待馬車で、海岸附近旅亭き、部室まり晝餉もすむと最早がない、出港まではだ十時間以上
旅宿屋を兼ねた田村為輔といふ人の宅で、離れ二階の広い座敷へ通された、良材を惜しげなく使つた建築で、畳も新しく、床の間には、七宝焼の瓶に、美しい草花が投げ込まれ、鹿の角の飾物や
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
「しかし貴客、三人、五人こぼれますのは、旅籠でも承知のこと、相宿でも間に合いませぬから、廊下のはずれのだの、数寄四阿だの、主人住居などで受けるでござりますよ。」
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お蘭は、月を越すと、相思の仲の、渋川宿の旅舎、布施屋の長男、進一のもとへ輿入ることになっていた。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
博士は今度又奈良へ出張して来たので、旅龍へ着くと直ぐそのに口をかけて見た。だが、の悪い時には悪いもので、は何かの用事で筑前の博多に旅をしてゐるといふ事が判つた。