“切害”の読み方と例文
読み方割合
せつがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
切害候に相違無之儀と存じ奉つり候に付何卒御慈悲を以て兩人の解死人御吟味下れ候樣仕つり度依之此段願ひ上奉つり候以上
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
切害致し候者は春部梅三郎と若江とこれ/\にて目下鴻ノ巣の宿屋に確かに聞込み候間早々の者を討果され候えば親のを討たれ候
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
其方儀石川安五郎小松屋遊女白妙同道にて立退候節私しの趣意を以て追掛彌勒町番人重五郎と申者へ候を切害に及び候段不埓至極に付死罪申付る
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)