“渭城”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いじょう66.7%
ゐじやう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“渭城”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「これよ、若いの、剣山は渭城いじょうのお庭より少し広いぜ」
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
渭城いじょうの朝雨、軽塵をうるお
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
渭城ゐじやうの朝雨、軽塵をうるほす
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)