“渭塘奇遇記”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いとうきぐうき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“渭塘奇遇記”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小説家 待って下さい。まだあとが少し残っているのです。ええと、美しい渭塘奇遇記いとうきぐうきを書いた。——ここまでですね。
奇遇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
瞿祐はすぐにこの話から、美しい渭塘奇遇記いとうきぐうきを書いた。
奇遇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)