奇遇きぐう
編輯者支那へ旅行するそうですね。南ですか?北ですか? 小説家南から北へ周るつもりです。 編輯者準備はもう出来たのですか? 小説家大抵出来ました。ただ読む筈だった紀行や地誌なぞが、未だに読み切れないのに弱っています。 編輯者(気がなさそうに) …
作品に特徴的な語句
しょう さが 卓子たくし しも 一双ひとつが じょう へい きょく あが めぐ うしろ まん かご そう くだ あるじ 今日きょう しお はく 天人てんじん いえ のち あわれ 支那シナ 松江しょうこう きま 漢口かんこう えが はるか あいだ 阿父おとう 一行いちぎょう うち 二十はたち 二株ふたかぶ 人毎ひとごと 今更いまさら 何分なにぶん 何時いつ 何重なんじゅう なら 冷々ひやひや つくえ けず まえ 勘定かんじょう 匇々そうそう 北清ほくしん 双魚そうぎょ 吹聴ふいちょう くわ のど 嗟嘆さたん つぐ 四幅しふく 四時しじ むこ 大抵たいてい 太白たいはく 奇俊きしゅん 奇遇きぐう 妓品ぎひん めと 孔雀くじゃく うち 容子ようす 容貌ようぼう さむ 対句ついく 小品しょうひん ぞく 川下かわしも 巴蜀はしょく 帆檣ほばしら 帝京ていきょう まく 年貢ねんぐ 彫花ちょうか あと おもむ ほしいまま 悄気しょげ ものう 扇墜せんつい ほう 披露ひろう 抽斗ひきだし 指環ゆびわ 旅愁りょしゅう 昨夜ゆうべ 月夜つきよ 有美ゆうび 木鶴もっかく