“二株”の読み方と例文
読み方割合
ふたかぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
池の左右に植わっているのは、二株とも垂糸檜に違いない。それからまたに寄せては、翠柏が結んである。その下にあるのは天工のように、石を積んだ築山である。
奇遇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
くと學士背廣いくらゐ、く。滿ちて、仰向いて見上げると屋根よりはびたが、んで二株あつた。時節でなし、卯木ず。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
小石川久堅町なる光円寺大銀杏、また麻布善福寺にある親鸞上人手植の銀杏と称せられるものの如き、いずれも数百年の老樹である。浅草観音堂のほとりにも名高い銀杏の樹は二株もある。