“北清”の読み方と例文
読み方割合
ほくしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
燕山楚水蘇浙小観北清見聞録、長江十年、観光紀游、征塵録、満洲、巴蜀湖南漢口支那風韻記、支那——
奇遇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
第六十六回 チベットと北清事件
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
明治二十五年に生れた僕は勿論日清役のことを覚えてゐない。しかし北清事変の時には大平といふ広小路(両国)の絵草紙屋へき、石版刷の戦争の絵を時々一枚づつ買つたものである。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)