“何重”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なんじゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“何重”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
誰かが岩の中にもれた小さな植物しょくぶつのまわりに、水酸化鉄の茶いろなが、何重なんじゅうもめぐっているのを見附みつけました。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
昼来た時には知らなかったが、うちには門が何重なんじゅうもある、その門を皆通り抜けた、一番奥まったいえうしろに、小さな綉閣しゅうかくが一軒見える。
奇遇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)