“妓品”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎひん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“妓品”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
そう云う時には落着いた王生が、花磁盞かじさんを前にうっとりと、どこかの歌の声に聞き入っていると、陽気な趙生は酢蟹すがにを肴に、金華酒きんかしゅまんを引きながら、盛んに妓品ぎひんなぞを論じ立てるのである。
奇遇 (新字新仮名) epub / 芥川竜之介(著)