“ウル”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:うる
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南家の姫の美しい膚は、益々マスマス透きとほり、ウルんだ目は、愈々イヨイヨ大きく黒々と見えた。さうして、時々声に出してジユする経のモンが、物のタトへやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
爾に𧏛貝比売きさげこがして、蛤貝比売水を持ちて、母乳汁オモノチシルを塗りしかば、ウルわしき壮夫オトコに成りて出遊行イデアルキき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)