“愁嘆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅうたん75.0%
しうたん25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一般に、こうゆう場合に、群集の間にかもされる同情、愁嘆しゅうたんの雰囲気は、この時にはまるで無かったと言ってよい。
誰が何故彼を殺したか (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
「あまり奥方がご愁嘆しゅうたんゆえ申し上げ兼ねておりましたが、とても病人はなおりませんな」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
……お母さんのうらみ、あねごの心外、そいつもまんざら知らねえじゃあねえが、まあまあそんなものはこの場合、そっとしまって置くんですね。……いけませんかね。どんなもので? ……オヤオヤ、なんだい泣いていらっしゃらあ! ははあ、お母様を持ち出したので、それで愁嘆しゅうたんなさるんですね。やり切れねえなあ。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
さうかも知れないね。外国の物語の令嬢は、勇敢で、可愛いね。好きだとなつたら、河を泳いでまで逢ひに行くんだからな。日本では、さうはいかない。なんとかいふ芝居があるぢやないか。まんなかに川が流れて、両方の岸で男と姫君とが、愁嘆しうたんしてゐる芝居が。あんなとき、何も姫君、愁嘆する必要がない。
富嶽百景 (新字旧仮名) / 太宰治(著)